ヴァシュロン・コンスタンタン レ・キャビノティエ “マジェスティック・タイガー” 7600C/000R-B454

ヴァシュロン・コンスタンタン レ・キャビノティエ “マジェスティック・タイガー” 7600C/000R-B454

Ref.:7600C/000R-B454
ケース径:41.0mm
ケース厚:12.4mm
ケース素材: 18K(5N)ピンクゴールド
ストラップ:ダークブラウンのミシシッピ・アリゲーター、手縫いサドルステッチ、ラージ・スクエア・スケール、18K(5N)ピンクゴールド製クラスプ、ポリッシュ仕上げの半マルタ十字
防水性:3気圧(約30m)
ムーブメント:自動巻き、Cal.2460 G4(ヴァシュロン・コンスタンタン自社開発・製造) 、約40時間パワーリザーブ、毎時28,800振動(4Hz)、27石
仕様:時、分、曜日(英語)、日付、ケースサイドのプッシュピースで時、分、曜日、日付を修正、文字盤に18K(5N)ピンクゴールドに手彫りしたタイガー、手づくりのウッドマルケトリーによるイエロー木の葉、マカッサル・エボニー(縞黒檀)製ラグジュアリーボックス付属、修正ピンとルーペ付属
限定:世界限定1本生産のユニークピース、時計裏面に《Les Cabinotiers》、《Piece Unique》、《AC》の文字を刻印
価格:要問合せ

 この時計に選ばれたキャリバー2460 G4は、時、分、日付、曜日を文字盤の四隅に設けられた窓で表示し、タイガーやパンダを自由自在に描き出す余地を与えています。マスターウォッチメーカーが取り組んだ課題の一つは、技術的にも美的な表現の点でも文字盤のデザインと両立する時刻の読み取り方を工夫することでした。ヴァシュロン・コンスタンタンによる完全自社開発製造の自動巻きムーブメント、キャリバー2460 G4は、この装飾芸術にとって唯一の最適な舞台装置を提供し、文字盤の中央を占める動物モチーフを主役に仕立て上げます。針を用いない表示は4つの窓を通して行われ、11時と12時の間で「時」、1時と2時の間で「分」、7時と8時の間で「曜日」、4時と5時の間で「日付」が示されます。これらの表示は4枚のディスクで行われ、時と分はドラッギング式、曜日と日付はジャンピング式を採用します。40時間のパワーリザーブが備わるこのキャリバー2460 G4は、直径41mmのゴールド製ケースに収められ、時計製造における最高級の仕上げ基準に準拠して装飾が施されたその姿を、透明なケースバックからたっぷりと目にすることができます。

 ウッドマルケトリー(木象嵌)は、手作業で細かくカットしたさまざまな色や形の薄い木片を使ってモチーフを構成する技法です。“インペリアル・タイガー”の背景を成す岩には200以上、“マジェスティック・タイガー”の周囲の木の葉には約130、“ワイルド・パンダ”では300以上の木片が使われています。各モデルの文字盤には、装飾の複雑さの度合いに応じて5種類から20種類の木片が用いられました。バラエティ豊かな木片の色彩のおかげで、繊細な技と感覚をもってこれらのユニークピースを作り上げる専門技術に精通した職人の手によるシーンのリアリティが一段と増します。職人は、長年積んだ経験のおかげでほとんど直感的な手さばきといえる的確で正確なタッチで木片を切り取り、それらを注意深く置き、木材の木目を合わせ、繊維を揃えます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です