ロレックス「シードゥエラー」“究極の防水性能を持つ”ダイバーズウォッチに新モデル

ロレックス(ROLEX)は、究極の防水性能を備えたダイバーズウォッチ「シードゥエラー」より、新作として「オイスター パーペチュアル シードゥエラー」のイエローロレゾールモデルを発売。

“深海を制する”ダイバーズウォッチのパイオニア「シードゥエラー」

「シードゥエラー」は、深海遠征用のツールとしてロレックスが開発した、究極の防水性能を備えたダイバーズウォッチ。1967年の初代モデルで水深2,000フィート(610m)という防水性能を備えたモデルを発表、1978年には「シードゥエラー4000」が水深4,000フィート(1,220m)防水性能を実現した。

1967年に特許を取得した“ヘリウム排出バルブ”を搭載
新作では、1978年モデルと同じ水深4,000フィート(1,220m)の防水性能を保証するオイスターケースを採用。「シードゥエラー」の名を知らしめた技術的な特徴として挙げられるのがヘリウム排出バルブだ。

深海ダイバーは、ヘリウムを含む特別な混合呼吸ガスで満たされた減圧室を利用する。この時に時計のケス内部に侵入したヘリウムの微小分子は、減圧過程で素早く排出されないと、ケース内部の圧力により時計が破損する危険性がある。

そこで、ロレックスは時計の防水性能を保持しながら、ヘリウムを自動的に排出する精巧なセーフティバルブを開発、1967年に特許を取得した。この発明によりシードウエラーの信頼性はさらに高まった。

ロレックスのアイコニックな“ロレゾール”モデル
ロレゾールは、ゴールドとスチールのコンビネーションからなるモデルのことで、1933年に登場して以来、ロレックスの特徴となっている。新作「オイスター パーペチュアル シードゥエラー」では、ベゼル、リューズとブレスレットのセンターリンクに18ct イエローゴールド、ケースとブレスレットのサイドリンクにオイスタースチールを採用した。

鮮やかな色が持続するセラミック製ベゼルインサート
ベゼルには、60分目盛り入りのブラックセラミック製セラクロムベゼルインサートを備えた逆回転防止ベゼルを装備。このセラミック素材は、耐蝕性と耐傷性に優れているだけでなく、色も鮮やかで、紫外線の影響も受けにくいという利点尽くし。

さらにベゼルには縁に刻みを入れることで滑りにくく、ダイビンググローブを着用した手でも扱いやすいという実用性に長けた素材とディテールを盛り込んでいる。

実用性に優れるオイスターブレスレット
ブレスレットは、3列リンクのオイスターブレスレットを採用。また、セーフティキャッチ付オイスターロッククラスプは、クラスプが誤って開くことを防ぐ。さらに、工具を使わずにブレスレットの長さを約2mm単位で最大約20mmまで延長できるロレックス グライドロック エクステンションシステムも装備。ダイビングスーツの上からでも着用することができる。

新世代キャリバー3235を搭載
時計の心臓部は、ロレックスの完全自社開発・製造による新世代ムーブメント、キャリバー3235。ロレックスの技術の限りを尽くした精確性、パワーリザーブ、耐衝撃性と耐磁性、そして信頼性を備える、時計製造技術の最先端をいくキャリバーだ。また、特許取得のクロナジー エスケープメントにより、高いエネルギー効率化が可能となり、パワーリザーブは約70時間まで延長されている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です