Zenithの新しいDEFY Classicウォッチのユニークな魅力を見てみましょう

ゼニスは1865年にスイスで生まれました。機械式時計の美しさと精度を常に大胆なアイデアと組み合わせ、時計製造の世界に新しい血を注いでいます。今年、ZenithはクラシックなDEFYコレクションに新しいモデルを追加しました。3つの異なるメインカラー(黒、白、青)で、独特の色と現代的なエレガンスを備えています。次に、白いモデルを例に見て、Zenithの新しいDEFY Classicウォッチのユニークな魅力を見てみましょう。

    DEFY Classicシリーズは、新しい未来的な時計製造技術を純粋な形で解釈し、独特の未来的な構造を備えた全体的な幾何学的形状が、強力な3次元美学を生み出します。今年発売されたこれら3つの新しいモデルは、ハードでソリッドカラーのセラミックで初めて作られ、その繊細で繊細な外観は、モダンでファッショナブルなスタイルを生み出し、現代の都市の前衛に適しています。

    1970年代のオリジナルのZenith DEFY時計からインスピレーションを受けたこの時計は、その年のスタイルと現代の美学を継承しています。ケースの直径は41 mmで、セラミックケースは鋭角に仕上げられ、ポリッシュ仕上げとサテン仕上げが施されています。丸いベゼルが時計に女性らしさを加えています。

    片側の王冠には星のロゴが刻まれており、滑り止めのテクスチャーで作られており、一流の感触と調整が簡単です。

    前衛的な透かし彫りの文字盤は、複数のレベルのカットアウトデザインと視覚的な動きのオリジナルを組み合わせて、超近代的な視点で星の構造を解釈します。タイムマーカーと針は、スーパールミノバSLN C1の明るい素材で覆われています。この素材は、静かな夜に輝く緑色の光を発し、眠れない街のユニークな光景を作り出します。ユニークな日付表示円はダイヤルの外縁にあり、6時の位置にある表示ウィンドウから時間情報を読み取ります。

    白いケースに合わせた白い水素化ニトリルゴムは、現代のスポーティさでいっぱいで、着用しやすいようにチタン製の二重留め金が付いています。

    エリート670自動巻きムーブメントは、透明なサフ​​ァイアケースバックを通してはっきりと見えます。ムーブメントの全体構造は、シリコンパレットとガンギ車で再配置されており、サテンマット仕上げの星型のバランスが絶妙です。ムーブメントには、少なくとも48時間のパワーリザーブがあります。

新しいDEFYクラシックセラミックウォッチには、幾何学的な美しさとモダンなスタイルが取り入れられており、シングルトーンの色が微妙なマイクロメカニクスを際立たせています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です